物流センターの無人化に向けた高速、高精度のAI画像認識技術を開発 椿本チエイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椿本チエインは2020日3月3日、AI(人工知能)を駆使した世界最高レベルの高速、高精度「AI画像認識技術」を開発し、2021年度の販売開始を予定していると発表した。物流センターの無人化を担う要素技術として、ユーザーでの実証実験を経て実用化する。

AI画像認識技術は、バーコードレス、ピッキング工程の無人化をターゲットに、仕分け対象商品の形状、色、模様等を画像認識し、属性を高速、高精度で判断する技術として開発に着手した。

AIスタートアップ企業のEAGLYS(イーグリス)と協業し、「学習」「推論」を行う実証実験を実施。画像データのノイズ除去処理や独自の深層学習を駆使して認識精度の向上を図った。実証実験の結果、独自のAIアルゴリズムを構築し、商品認識で超高速の0.15秒以下かつ高認識率となる98.55%、正解率99.99%を達成した。

物流センターではAI画像認識技術を活用することにより、形状、大きさの異なる日用雑貨品、食品、市販薬品等のさまざまな取扱商品のバーコード入力に代わって商品画像を撮影する。正確で高速に商品情報を判別するため、次工程への搬送処理の自動化/無人化ができる。作業効率化のボトルネックだった手作業によるバーコード入力や、バーコードの自動読み取りエラー等の問題を解消できるという。

その他にも、バーコード管理が不向きな、生産工場での多種のパーツ判別、農業での収穫物判断、建築用部材のピッキングアシスト等の用途に向けた開発の計画も予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る