ラティスセミコンダクター、次世代FA向けLattice Automateソリューションスタックを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低消費電力FPGAを開発するラティスセミコンダクターが2021年5月17日、次世代ファクトリーオートメーション(FA)の開発を迅速化するソリューションスタック「Lattice Automate」を発表、同日プレス向け説明会をオンライン開催した。

発表会において同社は、Lattice Automateが可能とする次世代FAの要件として「高精度モーター制御」「予知保全」「リアルタイムネットワーキング」「機能安全」「サイバーレジリエンス」の5つを挙げた。

まず高精度モーター制御については、同社の超低消費電力FPGA「Certus-NX」を搭載するモーター制御ボードにより、さまざまな種類のモーターをサポートするスケーラブルな多軸モーター制御を提供する。モーター制御に同社のFPGAを使用することで、従来のマイクロコントロールユニットと比較して消費電力は14分の1に抑えつつ、2倍の数のモーター制御が可能になるという。

次に予知保全については、AIによってモーターの劣化を事前に予知することで、システムのダウンタイムをコントロールする。FPGAがモーターの電流/電圧/温度のフィードバックをモニターし、AIが解析することで、追加のセンサーなどは不要となる。機械学習モデルのデプロイには、オープンソースのディープラーニングフレームワークである「TensorFlow Lite」をサポートする。

さらにリアルタイムネットワーキングについては、「EtherConnect」と呼ばれる組み込み向けEthenetプロトコルによるネットワークで実現。リファレンスデザインとして、複数のBLDCモーターのサポートを提供する。

自動化ソリューションにとって特に重要となるサイバーレジリエンス(サイバー攻撃に対する耐性/復元性)として、起動の前/中/後にファームウェアを保護し、すべてのファームを暗号的に認証する。さらに制御/ブリッジ小型FPGA「MachXO3」ベースのハードウェアセキュリティボードが攻撃に対してリアルタイム検出、保護、復元を実行することで、システムとしてセキュアな運用を可能にしている。

同社によれば、Automateソリューション・スタックが提供する、モジュラー型ハードウェア開発ボードとインダストリアルIPコア、ドラッグアンドドロップでオートメーション設計が可能なソフトウェアツール、ソフトウェアプログラマブルなリファレンスデザインやデモ、カスタム設計サービスなどにより、予知保全機能を備えたスケーラブルなマルチチャネルモーター制御を使う次世代FAを、簡潔かつ迅速に実装することが可能になるとしている。

関連リンク

Lattice Automate™ Solution Stack

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る