耐食性が従来比3倍の特殊環境用軸受を開発――ステンレス鋼にかわりジルコニアを採用  ジェイテクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2020年3月11日、光学フィルム製造装置などで使用する特殊環境用軸受「コロガードプロベアリング-ZO」を開発したと発表した。耐食性が従来品の3倍となる長寿命軸受となる。

同社は、特殊環境用軸受EXSEVシリーズのひとつであるコロガードプロベアリングの素材を変更した。これまでステンレス鋼を使用していたが、セラミックスの中でも特に耐食性の高いジルコニアに変えたことにより、交換がこれまで1~2カ月程度で必要だった軸受の寿命が6カ月以上に伸びたことを実証した。

軸受使用箇所のイメージ

開発品の概略

コロガードプロベアリング-ZOは、化学溶液の性質を検証し、窒化ケイ素よりも優れた耐食性を持つジルコニアにより、軸受寿命を従来比3倍としている。軸受の耐衝撃性はセラミックスの中でも高い靭性を備えたジルコニアによって向上しており、フィルム破断などの装置トラブル発生時も破損することなく、継続して使用できるという。

靭性比較表

製造工場は、国分工場、徳島工場。現在、量産しており、国内外フィルム製造装置メーカー、半導体製造装置、医薬、食品製造機械など向けに販売する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る