本当に必要なモーターの専門知識を的確に提供する専門書『メカトロニクスのモーター技術』を発売 技術評論社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に必要なモーターの専門知識を的確に提供するモーターの技術専門書『メカトロニクスのモーター技術』が2020年3月27日、技術評論社から発売される。これまでの技術書で語られなかった知識も盛り込んだ専門書で、著者は見城尚志氏と佐渡友茂氏となっている。A5判576ページ、定価4980円(税抜)。

高度成長期時代の技術者は、大学卒業後にそのまま実務に就くこともありえたが、高度な進化を遂げたメカトロニクス社会となった現代では、モーターを工学部のカリキュラムだけで理解することが難しくなっている。

その一方で、世界的にメカトロニクス製品開発競争が激化しており、モーター知識をそなえた人材のフォローアップが必要な状況にある。本書は、そうしたニーズに応えるべく誕生した。50年以上、メカトロニクスの最前線で活躍する著者が「モーター技術において本当に必要な知識とは何なのか?」を見つめ直し、徹底的に内容を吟味している。

主な目次は、Chapter 1:モータユビキタス時代へ、Chapter 2:DCモータの基本構造と機能、Chapter 3:モータ構造とトルク理論、Chapter 4:等価回路とパラメータ測定、Chapter 5:DCモータを使う速度と位置の制御、Chapter 6:ブラシレスDCモータ、Chapter 7:ブラシレスDCモータの詳しい扱い方、Chapter 8:ベクトル制御のペンタゴン理論、Chapter 9:体格と選定、Chapter 10:電気力学の起源から行方。読者の理解が進むように、豊富でわかりやすいイラストと丁寧な説明が施されている。

モーター技術を必要とするメカトロニクスのエンジニア、電気工学系、メカトロニクス系の大学生や大学院生、モーターを使用する技術営業職に向いた書籍となっており、one and onlyのモーター教科書となる。

関連リンク

メカトロニクスのモーター技術

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る