世界最大のジェットエンジンはどう作る?――製造工程などを紹介するYouTube動画

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fluctus/YouTube

海外のYouTubeチャンネル「Fluctus Channel」が2022年11月6日、英Rolls-Royceや米GE Aviationの最新ジェットエンジンの製造工程などを紹介する動画を公開した。

Fluctus Channelは世界の船と船舶関連の技術/設計について紹介するチャンネル。航空機関連の動画も多く公開されている。

今回紹介する動画で最初に取り上げられるのは、Rolls-Royce製ジェットエンジンの「Trent」シリーズだ。Trentエンジンの重さは5トン以上で、価格は1億4000万ドル(約194億円)もする。シリーズの最新世代は低排出ガスが特徴となっている。

製造工程の紹介は、配線パイプやファンブレードが収められたエンジンファンケースから始まる。エンジンの心臓部にある96枚のタービンブレードにより、エンジン内に空気がスムーズに送り込まれる。製造工程でブレードが溶けないように、同社が特許を持つ小さな空気穴を設けている。

次に、エンジン前方で回転する巨大なファンについて見ていく。ファンには、高品質な金属製のブレードを使用しており、1つのファンが20枚のブレードを持つ。ブレードはそれぞれ自家用車ほどの価値があるという。ファンのバランスを保つよう、ブレードの内側にはボルトで重りが固定されていく。続いて、エンジンシャフトとギアボックスを結合。最後に、エンジンに空力ダクトを取り付けテストに入るという流れだ。

エンジンテストは、おそらく製造の中で最も印象的なパートだという。テストではエンジンの始動、緊急停止、異物との遭遇まで検証。また、ファンブレードにノズルから圧縮した空気を吹き付け、ファンブレードにフラッターを発生させる振動試験なども実施し、堅牢性についても検証している。

動画は14分強のもので、そのうちRolls-Royceのエンジン紹介は5分ほど。このほか、GE AviationのエンジンやAirbusの軍用機体の製造工程、アメリカ空軍による航空宇宙関連工場向け製造ロボットについても取り上げている。

関連リンク

Inside Futuristic Factories Building World Largest Jet Engines

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る