エンジンの最高出力を約14%高めたスープラRZの販売を開始 トヨタ自動車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2020年4月28日、エンジンなどを改良した「スープラ RZ(以下、RZ)」を販売すると発表した。さらに、外板色がマットストリームグレーメタリックのRZおよび特別仕様車のRZ「Horizon blue edition」を併せて販売する。

今回の改良では、RZの3.0Lエンジンの最高出力が従来の250kW(340PS)/5000rpmから285kW(387PS)/5800rpmに約14%向上した。0-60マイル加速を従来比ー0.2秒の3.9秒で達成する加速性能を有する。

3.0L直列6気筒ターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーにより気筒間の排気干渉をふせぎ、低回転域から高回転まで全域にわたって、圧倒的なパワーとドライバーの意志に即座に反応するダイレクトなレスポンスを発揮する。

さらに、高圧の燃料を燃焼室内に直接噴射する高精度ダイレクトインジェクションシステムに、無段階可変バルブリフト、吸排気無段階可変バルブタイミング機構、アイドリングストップ機能を組み合わせることで、高効率で優れた燃費性能を実現した。なお、2つのチューニングで軽快なスポーツ走行が愉しめる直列4気筒タイプもラインアップしている。

また、従来のフロント部にブレースを加えることでボディ剛性が強化されたほか、サスペンションが再チューニングされておりコーナリング中の安定性が高められている。


外板色がマットストリームグレーメタリックのRZは、2020年4月28日から5月24日までWeb限定で注文を受け付け、抽選により2020年10月頃に計27台販売される。RZのメーカー希望小売価格は731万3000円(税込)で、マットストームグレーメタリックはオプション価格として35万2000円(税込)が加算される。

特別仕様車のRZ「Horizon blue edition」は、取扱販売店にて2020年4月28日より注文を受け付け、成約順に計100台販売される。外板色にホライズンブルーを設定し、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールを備える。また、表皮にアルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシートを採用した。メーカー希望小売価格は741万3000円(税込)となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る