ものづくり分野の人材育成/スキルアップを支援、ACSP主催検定試験のコンテンツを無償公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACSP(コンピュータ教育振興協会)が2020年4月30日、同協会が主催する試験の過去問題などの「試験対策コンテンツ」を、期間限定で無償公開したと発表した。

ものづくりに関わる仕事への従事者やこれからものづくりの世界を目指す人のスキルアップ応援する企画だという。

今、日本のものづくりを取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染拡大による全国的な緊急事態宣言発出を受け、未曽有の危機に直面している。そこで、試験へのチャレンジを検討している方はもちろん、この危機を乗り切るための自己研鑽ツールとして、ものづくりに関わる幅広い人材への活用を期待し、今回の無償公開に至った。

無償提供期間は2020年5月31日まで。提供されるコンテンツは、2次元CAD利用技術者試験1級(機械・建築・トレース)試験実技過去問題、3次元CAD利用技術者試験1級・準1級試験実技過去問題、Space Designer検定試験過去問題、3Dプリンター活用技術検定試験過去問題となる。掲載試験数はそれぞれ過去3試験分だという。

Space Designer検定試験公式テキストやSpace Designer検定試験参考問題+ソフト別解説のほか、2020年度版エンジニアのための環境ガイドブック本編/関連法令集も、従来通り無償提供されるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る