昭和電工、車載リチウムイオン電池向けの次世代冷却器を開発――ラミネートシート使用で電池への接合が低温で可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発した冷却器の内部構造(左)と断面構造図(右)

昭和電工は2019年1月15日、子会社の昭和電工パッケージングと共同で、電気自動車用リチウムイオン電池向けの次世代冷却器を開発したと発表した。

電気自動車(EV)に使われるリチウムイオン電池(LIB)は、大容量で発熱量も大きいため、効率的な放熱が求められる。しかし、その冷却器には、アルミニウム製の押出材や板材等を溶接あるいはろう付けしたものが用いられ、接合するために600℃以上の加工温度が必要だった。

そこで、昭和電工は、同社のアルミ冷却器/熱交換器事業で培った冷却器の技術と昭和電工パッケージングのアルミラミネートフィルム「SPALF」の技術を融合。アルミ箔と樹脂から成るラミネートシートを構造材として用いた車載電池向け超軽量冷却器を開発した。この冷却器は、ヒートシール法により200℃程度で接合が可能で、プレス加工性にも優れているため、製品形状/寸法の自由度が飛躍的に向上するという。

昭和電工は今後、電気自動車用やESS(定置型蓄電システム)用の電池の冷却部材として開発を加速し、2020年度中にサンプル出荷を開始するという。なお、同製品は2019年1月16~18日に東京ビッグサイトで開催される「第48回インターネプコンジャパン」で紹介予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る