低粘度潤滑油使用下でも優れた耐久性を有する長寿命軸受を開発 ジェイテクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2020年5月25日、低粘度潤滑油下の使用でも優れた耐久性を有する長寿命軸受を開発したと発表した。

同社によると、近年自動車の燃費/電費の向上策として、減速機に使用する潤滑油の低粘度化が進んでいる。潤滑油の低粘度化は、軸受の攪拌抵抗抑制によってトルクが低減するというメリットがある反面、軸受の潤滑状態が厳しくなることで、高荷重、高振動の状況で使用した場合に軸受が早期に破損する恐れがあった。

今回新たに開発した軸受は、材料と熱処理に着目することで、低粘度の潤滑油中の使用でも優れた耐久性を示す。同社によると従来品の10倍以上の軸受寿命を実現できるという。

量産は2025年から開始予定で、月間5万個の売上を目指す。販売先は、国内外自動車メーカーやCVTメーカー、電動ユニットメーカーなどを想定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る