国内メーカー製初の水素液化機を販売――高純度な液化水素を1日あたり5トン製造 川崎重工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は2020年6月10日、国内メーカー製初となる水素液化機の販売を開始した。今回販売する水素液化機は、3000時間以上の連続実証運転や各種機能試験により、性能と信頼性を実証している。

水素液化機は1日あたり、燃料電池自動車(FCV)1000台相当の燃料となる5トンの液化水素を製造できる。発電用ガスタービンや航空機用ジェットエンジンなどの高速回転機械の開発で培った技術を活用しており、独自開発した液化工程によって業界トップクラスの液化効率を達成したという。

水素の液化工程において不純物の混入を排除することにより、99.999%の高純度な液化水素の製造および容易なメンテナンス性を実現した。液化機は縦置き構造に対応。コンパクトな配置(耐震設計対応)ができる。液化プラント起動時は、24時間以内に液化運転ができるという。

同社は、液化した水素を貯蔵する高断熱性能を持つ貯蔵タンクや輸送コンテナなどの関連技術を多数保有しており、水素液化機以外に水素液化プラントとしての設計/建設に対応する。将来的には、水素の普及量に合わせて水素液化機のラインナップの拡充を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る