現代自動車、 EVマイクロバス「County Electric」を市場に投入――1回の充電で250km走行可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の現代自動車は、2020年6月29日、同社初の電動マイクロバス「County Electric」を韓国市場に投入すると発表した。

County Electricは全長7710mmで、構成によって15~33人乗れる電動バス。128kWhのリチウムイオンポリマー電池を搭載し、フル充電での航続距離は250kmだ。

County Electricの急速充電(DC直流充電)規格は米国で採用されているCombo 1。150kWの急速充電システムでフル充電まで72分で、オプションの充電器を使えば韓国の家庭用220V電源でも17時間でフル充電できる。

County Electricはエコフレンドリーであるだけでなくパワーもあり、時速50~80kmの速度範囲での加速はディーゼル車に比べ30%早いという。また、バッテリーによる重量増加に対応するため、ブレーキシステムも強化されている。

County Electricの中央ドア付近には超音波センサーを含む各種センサーが配置されており、乗客の乗降中はドアが閉まらないようにし、乗客の身体がドアにはさまれると自動的にドアを開いてけがをさせないようにしている。また、County Electricは後退駐車支援システムや疑似エンジン音システムを備えているうえ、超音波センサーがアクセルペダルと接続されていて、停止状態で歩行者を検知すると前進しないようになっている。

現代自動車の商用車製品グループ責任者であるYoon Lee氏は、「County Electricは、運転手と乗客に素晴らしい安全性と利便性を提供するゼロエミッションバスだ。電気自動車の需要が高まる中、現代自動車はCounty Electricのような車両の導入を促進している」と述べている。

関連リンク

Hyundai Motor Launches ‘County Electric’ Minibus

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る