メルセデス・ベンツが新型電動ターボチャージャーを開発――最高回転数17万rpm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツは2020年6月17日、ターボチャージャーサプライヤーのGarrett Motionと共同で、新型の電動ターボチャージャーを開発中であることを発表した。すでに開発は最終段階にきており、将来的にはメルセデスAMGの市販モデルに搭載する予定だ。

このシステムの大きな特徴は、ターボチャージャーシャフトに取り付けられた約41mmのスリムな電気モーターだ。排気ガスを受け入れる前に電気モーターでコンプレッサーホイールを駆動することで、ターボラグを解消する。その結果、アクセルペダルの応答性が高まり、ドライビング全体がダイナミックかつ機敏になるという。

また、低いエンジン回転数でも高トルクを発揮し、停止からの加速性能も高めている。ドライバーがアクセルから足を離したり、ブレーキをかけた時もブースト圧を維持するため、連続的かつダイレクトなレスポンスを確約するとしている。

ターボチャージャーの回転速度は最高17万rpmで、駆動電圧は48Vだ。ターボチャージャーの他、電気モーター、パワーエレクトロニクスは冷却回路とつながり、常に最適な温度環境に維持される。

メルセデスAMGのCEOであるTobias Moers氏は、今回の電動ターボチャージャーを「FI技術を一般道路にもたらす」第一歩だと位置付け、「ターボチャージャー付きエンジンを、かつてない機敏性のレベルにまで引き上げるだろう」と語っている。

関連リンク

Mercedes-AMG Innovation: New Electric Turbocharger

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る