Bugatti、89年前の子ども向け電気自動車「Baby」を現代に蘇らせる

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年のジュネーブ国際モーターショーで披露された「Bugatti Baby II」の生産が開始された。Bugatti Baby IIは、Bugattiが1920年代から1930年代にかけて製造販売した電気自動車「Bugatti Baby」を現代に蘇らせたモデルだ。

Bugatti Babyは、1924年にリヨンで開催されたフランスグランプリに登場して以来、2000回以上レースに勝利した往年の名車「Bugatti Type 35」を、2分の1のスケールで製作した子ども向け電気自動車。6歳~8歳児が乗れるように作られており、12ボルト電池で動き、最高速度は時速20キロ。1927年から1936年にかけて、500台販売された。

Bugatti Baby IIは、Bugatti Type 35の設計図を基に4分の3のスケールで復刻され、大人も乗れるようになっている。リチウムイオン電池で動き、最高速度は、初心者モードで時速20キロ、上級モードで時速45キロに制限されている。

価格は基本モデルが3万ユーロ(約370万円)。上位モデルとして、カーボンファイバーボディの「Vitesse」(4万3500ユーロ/約540万円)、アルミボディの「Pur Sang」(5万8500ユーロ/約730万円)がある。上位モデルは、オプションで「Speed Key」が使用可能で、スピードリミッターを解除することができる。

Bugatti Baby IIは500台の限定販売で、ジュネーブ国際モーターショーでの発表からわずか3週間で完売したという。

関連リンク

BUGATTI BABY REBORN: PERFORMANCE AND FINAL SPECIFICATIONS ANNOUNCED AS PRODUCTION COMMENCES

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る