特殊熱処理技術で長寿命化した円すいころ軸受「ETFA軸受」を開発 NTN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2020年10月8日、建設機械や鉱山機械など過酷な使用環境での用途向けに、特殊熱処理技術によって長寿命化した円すいころ軸受「ETFA軸受」を開発したと発表した。同社標準品に比べ、異物混入潤滑条件下で6倍以上長寿命化しているという。

IoT(モノのインターネット)化に伴い、建設機械は無人稼働機の信頼性向上やライフサイクルコストの削減が求められている。使用される軸受も、長寿命化や装置のコンパクト化を図るための小型化、高負荷容量化が必要とされていることから、長寿命化したETFA軸受を開発した。

浸炭鋼に新たな熱処理(ETFA処理)を施したETFA軸受は、標準品と比べ、異物混入潤滑条件下で6倍以上、ETA軸受と比べても2倍以上も長寿命化している。清浄油条件下でも、基本定格寿命に対して十分長寿命だという。

ETFA処理は、同社が開発した軸受鋼の特殊熱処理(FA処理)技術を浸炭鋼に応用したものを適用。熱処理条件とその管理を改善、強化している。これにより、ETA軸受と同様に炭化物と残留オーステナイトを適度に分散させた組織としつつ、旧オーステナイト結晶粒を一層微細化し、長寿命と高いロバスト性(耐異物性)を両立している。

また、長寿命化によって軸受寿命をより小さいサイズで維持できるため、本製品は装置のコンパクト化にも貢献できるという。

特殊熱処理等による軸受の長寿命化

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る