エンジン/車体を刷新し軽量化したロードスポーツ「MT-09 ABS」を発売――トルクフルな890cm3エンジンと軽量アルミ製フレーム採用 ヤマハ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2020年10月28日、水冷、4ストローク、DOHC、3気筒、4バルブ、890cm3エンジンを搭載したロードスポーツ「MT-09 ABS」をフルモデルチェンジし、欧州向けに発売すると発表した。エンジン/車体ともに刷新し、大幅に進化させながら軽量化技術を織り込み、従来モデルに比べ約4kg軽量化。日本での発売は、2021年春以降を予定しているという。

MT-09 ABSの開発コンセプトは、従来からの「Torque & Agile」のキャラクターを継承、進化させた「The Rodeo Master」。新開発のトルクフルな890cm3エンジン、水冷、4ストローク、DOHC、3気筒、4バルブ、ダウンドラフト吸気、FIエンジンを搭載する。

燃焼室は狭くコンパクトで、素早い燃焼で高いトルクを引き出す。主要パーツとなるピストン、コンロッド、クランクシャフト、カムシャフト、クランクケースなどを新たに設計し、軽量に仕上げている。燃料供給系も一新しており、これまでシリンダーヘッド直付だったインジェクターの取り付け位置をスロットルバルブ側へと変更。噴射はバルブ傘裏方向とし、優れた燃焼効率を引き出している。燃費はこれらの燃焼改善と軽量化により、従来に比べ9%改善している。

フレームは、従来の最低肉厚3.5mmから軽量化。最新のCFアルミダイキャスト技術を活用した最低肉厚1.7mmの軽量アルミ製フレームを採用している。リアフレームもCFアルミダイキャスト製とし、従来モデルに比べ1.5kg軽量化しているという。

リアアームは、アルミパネルを溶接したボックス構造を採用。フレームとリアフレーム、リアアーム合算で従来比約2.3kg軽量化している。フレームは、縦/横/ねじり剛性のバランス調整により、直進安定性と操縦性を両立。横剛性は、従来比で約50%アップしている。ホイールは、初めて同社独自のSPINFORGED WHEEL技術による軽量ホイールを採用。従来モデルより前後で約700g軽量化、リアの慣性モーメントは11%低減している。

また、独自に排気/吸気を設計/チューニングし、サウンドデザインにより、トルク感と加速感を表現している。排気音は、1.5段膨張室サイレンサーと左右シンメトリーのテールパイプを採用。発進時はトルクを感じ、スロットルを開けた瞬間に音が増大して聴こえるようなスイッチ感のあるサウンドが響く。回転上昇に従って、ライダーへの主音源が排気音から吸気音へ切り替わるように調整している。吸気音は、3つの吸気ダクトを採用。中/高回転域でサウンドを強調し、気持ちの良い加速感を演出する。

新開発の「IMU(Inertial Measurement Unit)」は、センサー構成を見直し、50%の小型化と40%の軽量化を達成。バンクの深さも反映するTCS、旋回をサポートするSCS、前輪の浮き上がり傾向を抑止するLIFの3種の制御システムを織り込んだECUがIMUの情報を受け取って、車両側にフィードバックする。

ボディデザインは新しいスタイリングとなっており、エアインテークとフロントウィングのスタイリングに、空気の「流れ」や音の「波」などサウンドを想起させるテーマを採用。ヘッドランプは、コンパクトでデザイン性に優れ、優れた照射性をもつバイファンクションLEDヘッドランプ(Hi-Lo一体)を採用している。

「MT-09 ABS」の新フィーチャー

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る