樹脂保持器により軽量化した「EV向けプラネタリギヤ用針状ころ軸受」を開発 ジェイテクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2020年10月29日、EV車の減速機内部にあるプラネタリギヤに使用する針状ころ軸受「EV向けプラネタリギヤ用軽量針状ころ軸受」を開発し、2025年より量産を開始すると発表した。軽量化に対応するため、同一サイズの鉄製保持器に比べ20%軽量となる樹脂保持器を使用している。

遊星歯車とも呼ばれるプラネタリギヤは、複数個のギヤが中心となるサンギヤの周りに惑星のように配置されている歯車で、そのかみ合いによって必要な変速を行う。プラネタリギヤの公転による遠心力が保持器に負荷されるため、プラネタリギヤ用針状ころ軸受は耐久性の高い鉄性鋼板を使用することが当たり前とされてきたが、今回、軽量化を図るために樹脂製の保持器を採用した。

プラネタリギヤの構造と使用箇所イメージ

EV向けプラネタリギヤ用軽量針状ころ軸受は、鉄製保持器よりも軽量な樹脂保持器を使用することで、鉄製保持器に比べ保持器にかかる遠心力負荷を低減。軸受取り付け寸法を変更させることなく、減速機を軽量化するという。また、樹脂の成形自由度を活かし、保持器形状を改良することで、少油量環境下における軸受に必要な潤滑油を確保している。

軽量化、応力低減効果

保持器形状イメージ

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る