最大12方向を個別に分離して集音する多指向性マイクロフォン用開発キットを販売――議事録作成業務の効率化に貢献 NTT-AT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)とNTTテクノクロス(NTT-TX)は2020年11月11日、多指向性マイクロフォン用開発キット「Voice Compass Developer Kit」を2020年12月上旬から販売すると発表した。12方向の発話を瞬時に分離して集音する機能と自動追従機能を搭載した世界初の多指向性小型マイクロフォンモジュールと、アプリケーション開発者用マニュアルがセットになっている。

Voice Compass Developer Kitに含まれる多指向性小型マイクロフォンモジュール(Voice Compass Direction Module)は、NTTメディアインテリジェンス研究所の技術を活用して開発。IM-ASTER技術による最大12方向の音を個別に分離して集音する機能、自動で話者の方向を推定して位置変化に合わせて集音する自動追従機能を有する。12方向分離を商用化した製品は世界初となる。

高品質な雑音抑圧機能も搭載。指向性は、8個のMEMSマイクとIM-ASTER技術によるソフトウェア処理でより鋭く形成する。マイクデバイスは、USBバスパワー方式による給電を採用。約60gと軽量、小型で簡単に持ち運べる。会議議事録システムに搭載することにより、これまでは困難だった話者を分離、識別した音声認識ができ、議事録作成業務の効率化が図れるという。

音声は、ソフトウェアによってマイクデバイスで集音した音声を処理することで分離。ソフトウェアは、ライブラリ形態で提供する。開発者用マニュアルには、インターフェース仕様書とサンプルプログラムを用意する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る