1.2kW/Lと世界最高クラスの電力密度のV2X対応7.4kW車載充電器を開発 ダイヤモンド電機と田淵電機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンドエレクトリックホールディングスは2020年11月25日、同グループのダイヤモンド電機と田淵電機が1.2kW/Lと世界最高クラスの電力密度のV2X(Vehicle-to-X、xはL:Load、H:Home、G:Grid)対応の7.4kW車載充電器を開発したと発表した。アメリカ市場で必要とされる製品規格UL9741にも準拠し、電気自動車への搭載を容易にするという。

V2X対応の7.4kW車載充電器は、ダイヤモンド電機の車載電装設計/製造技術と田淵電機の系統連系技術を組み合わせ、世界に先駆けて開発。単相三線式でありながら、高電力密度、高効率のV2X対応の車載充電器となっている。

電気自動車(EV、PHEV)へ搭載することで、電気自動車の蓄電池から系統への放電、停電時などの非常用電源やピークシフト、ピークカットの調整源として電気自動車の蓄電池を活用できる。本車載充電器では、v2G(系統連係動作)、V2H(単相三線式自立動作、家全体をバックアップ)、V2L(単相二線式自立動作、接続した負荷に給電)の動作モードがある。

製品写真(カバーなし)

電力変換部は、2017年より研究開発を進めている小型絶縁双方向電力変換技術を7.4kWまでスケールアップ。車載充電器に適した仕様へと発展させている。また、窒化ガリウム(GaN)と炭化ケイ素(SiC)を組み合わせ、世界最高クラスの性能、電力密度となる最大電力変換効率96.3%、電力密度1.2kW/Lを達成。V2X機能を持ちながら426×261×H55mm(筐体込み、コネクタ等突起部除く)と小型なため、容易に電気自動車へ搭載できる。

出力電力に対する電力変換効率(2次側(蓄電池)電圧420V)

2次側(蓄電池)電圧に対する電力変換効率(最大負荷時)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る