新開発の超小型EV用駆動ユニットがトヨタ「C+pod」に搭載――永久磁石同期モーターを採用し高い出力を確保 アイシン精機

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイシン精機は2020年1月13日、新たに開発した超小型EV用駆動ユニットが2020年12月に発売したトヨタ自動車「C+pod」に搭載されたことを発表した。

超小型EV用駆動ユニットは、新たに超小型EVの主駆動用として開発。2016年に発売されたトヨタ自動車「プリウス」のE-Fourとして、後輪駆動用に搭載された電気式4WDユニットの構造を活用している。

4WD走行比率を考慮し、電気式4WDユニットでは磁力による引きずり損失がない誘導モーター(永久磁石レス)を採用したが、今回開発した商品では、永久磁石同期モーターを採用。主駆動用としての高い出力を確保している。また、ギヤトレインを2軸から3軸にレイアウト変更しており、軸方向(横幅)を小型化。車幅の狭いC+podへの搭載に対応している。

2人乗りの超小型EVとなるC+podは、環境に良い新たなカテゴリーの車両としてトヨタ自動車が開発した車両で、近距離移動の用途で活用できる。

これまでアイシングループでは、トランスミッション開発で培った技術やノウハウを基に、幅広いバリエーションでハイブリッドトランスミッションやeAxleなどクルマの電動化に対応する電動駆動ユニットを提案している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る