エアバス、水素燃料航空機の実現に向けて着脱容易な「ポッド」システムを検討中

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロエミッション航空機「ZEROe」の研究開発を進めるエアバスは2020年12月15日、水素燃料電池によって推進する“ポッド”システムの構想を明らかにした。

水素燃料を動力源とする航空機は、ここまでのところ乗客定員数や航続距離が限られており、大型旅客機の長距離飛行を実現するには、まったく新しいアプローチが必要だと言われている。

ポッドは8枚の羽根を回して動力を得て、航空機の主翼の下にそれぞれ3基ずつ取り付ける。各ポッドには、プロペラ、電気モーター、燃料電池、パワーエレクトロニクス、液体水素燃料タンク、冷却システムなど、プロペラ推進に必要な要素を搭載。スタンドアロンで機能する。

ポッドシステムのもう1つの特徴は、取り外し可能な固定具を備えていること。これにより、各ポッドを迅速に取り外し/取り付け可能。空港でのメンテナンスと水素燃料の補給が短時間で済むようになる。

エアバスのゼロエミッション航空機担当ヴァイスプレジデントのGlenn Llewelly氏は、ポッドのコンセプトについて「水素技術を磨き上げて民間航空機に使えるようにすべく、さらに探求を進めていくための優れた出発点」と述べている。

ポッドは選択肢の1つ。エアバスはZEROeプロジェクトの中で、さらに多くのコンセプトを検討し、2025年までに最適なコンセプトを絞り込んでいく計画だ。

関連リンク

エアバス、水素燃料を用いるゼロエミッション航空機のコンセプトモデルを発表――2035年までの実用化を目指す
These pods could provide a blueprint for future hydrogen aircraft

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る