本物のようなデジタル・ヒューマンを短時間で作り出せるアプリを発表――ユーザーが試用できる2体のサンプルデータも公開

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Epic Gamesは、2021年2月11日、これまでにないほどの高品質、高忠実度でリアリスティックな3D人型モデル(デジタル・ヒューマン)を、1時間以内に作り出せるクラウドストリーミングアプリ「MetaHuman Creator」を発表した。今後数カ月以内に、早期アクセスプログラムの一環として試用準備を整える予定だという。

これまで、本物の人間に近いデジタル・ヒューマンを作成するのは難しく、時間も費用もかかっていた。何カ月にもわたるリサーチや、高額なスキャン機器、大勢のテクニカルアーティストたちが必要になることもある。

今回発表されたMetaHuman Creatorを使うと、その制作時間を大幅に短縮できる。これまでは完成までに数週間から数カ月かかっていたが、1時間以内で完全にリギングでき、髪や服を全て備えた最高品質の独自のデジタル・ヒューマンを作成することが可能になる。

MetaHuman Creatorでは、顔の特徴を直接操作したり肌の色を微調整したり、プリセットされている体形、髪型、服装などから選択したりすることができる。キャラクターの歯を調整することも可能だ。キャラクター作成完了後は、リグ入りデータをエクスポートしてダウンロードでき、同社のゲームエンジン「Unreal Engine」にインポートしてデジタル・ヒューマンに動きを付けることができる。

MetaHuman Creatorで生成されたデジタル・ヒューマンのサンプルデータ2体も公開されている。このサンプルデータは、リグ作成は完了していて、アニメーションやモーションキャプチャー用に使える準備が整った忠実度の高いキャラクターとなっている。Unreal Engine 4.26.1以降に対応しており、ユーザーはサンプルデータを変更したり使用したりすることができる。

関連リンク

MetaHuman Creator スニークピーク:忠実度の高いデジタルヒューマンの作成が簡単に
MetaHumans in – UE Marketplace

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る