世界初の木製人工衛星が今年宇宙に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木造の人工衛星を宇宙へ送る計画が進行中だ。フィンランドのUPM Plywood、Arctic Astronautics、Huldの3社は共同で、木造衛星「WISA WOODSAT」を2021年末までに地球の軌道へ打ち上げると発表した。

WISA WOODSATは、大きさ1U(10×10×10cm)、重さ約1kgの「CubeSat」衛星だ。材質は白樺合板で、教育用人工衛星「Kitsat」をベースに、フィンランドで設計、製作された。

WISA WOODSATのミッションは、宇宙構造物に木材を使うことの評価を目的とし、過酷な温度、真空、宇宙線下での合板の挙動と耐久性に関するデータを収集することだ。このため、搭載される2台のカメラは地球や宇宙空間ではなく、白樺合板の状態をモニターするようになっている。カメラの1台は衛星の外観を撮るように、展開可能なブームに取り付けられる。欧州宇宙機関の宇宙材料研究所も、このミッションのために新しいセンサーを提供する予定だ。これらは9つの小型太陽電池によって駆動される。

WISA WOODSATは、2021年秋にRocket Labの「Electron」ロケットを使い、ニュージーランドのマヒア半島にある発射施設から打ち上げられる予定だ。Electronは再利用可能な小型衛星打ち上げ用ロケット。これまでに19回打ち上げられ、104個の人工衛星の軌道投入に成功している。

関連リンク

World’s first wooden satellite slated for launch – UPM partners with Finnish space companies Arctic Astronautics and Huld

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る