米軍、最新の対空防御システムの発射テストを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cpt. Jordan Allen

米陸軍は、新しい短距離防空システムである「M-SHORAD」システムのテストを開始した。

米陸軍は、対空防御を高度と兵器の範囲によって、終末高高度防衛(THAAD)、高・中高度防空(HIMAD)、短距離防空(SHORAD)に分けている。SHORADは、ヘリコプターや地上攻撃機など、低空飛行の脅威に対処する対空兵器と戦術を意味する。

M-SHORADは、陸軍近代化の一環として8×8装輪装甲車「Stryker A1」に既存の銃器、ミサイル、ロケット、センサーを装備した機動短距離防空システム。無人機、回転翼機、固定翼機などの脅威から機動部隊を防御するように設計されている。

M-SHORADの開発にはラピッドプロトタイビング手法が採用され、初期作戦能力のスケジュールを4年短縮し約1年でプロトタイプを受領、2020年にはニューメキシコ州のホワイトサンズ・ミサイル実験場で6カ月間にわたる評価が行われた。

M-SHORADの最初のユニットは、陸軍第10航空・ミサイル防衛司令部の配下でドイツのアンスバッハに駐屯する第4防空砲兵連隊第5大隊に引き渡され、テスト、受領および配備が行われる。陸軍は、2021年以降、更に4個の航空・ミサイル防衛大隊にM-SHORADシステムを配備するとしている。

M-SHORAD以降の開発では、機動部隊を守るための改良型ミサイル、指向性エネルギー兵器、運動エネルギー迎撃弾などの技術が導入される予定だ。

関連リンク

M-SHORAD system bolsters Army’s air defense capabilities

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る