日産、「フェアレディZ」を一部改良――新型高効率クラッチを搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2017年7月6日、一部改良した「フェアレディZ」を発売した。今回の改良にはエンジン特性の変更、新型クラッチの採用、静粛性の向上などが含まれる。

走行性能においては、アクセルペダルとスロットルバルブ開度の特性を見直し、アクセルペダル中間開度でのトルクアップと高回転時のトルク低下量を削減した。これにより、高速道路での合流加速時などにスムースで伸びのある加速感を生み出すという。さらに、モータースポーツ業界でも定評のあるEXEDY製の高効率クラッチを採用し、クラッチペダルの踏力を軽くすると同時に半クラッチコントロールの操作性を向上した。

加えて、合わせガラスの中間膜に遮音層を挟んだフロントガラスを採用し、静粛性を高めた。「フェアレディZ NISMO」では、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを採用し、ロードノイズを1db低減した(50km/h時)としている。

ボディカラーには新色の「カーマインレッド」を追加。Version STとSグレードには、鍛造製法、ブラック塗装、切削光輝加工を施し、回転バランス性能に優れた新デザインの「19インチアルミ鍛造ホイール」を採用した。車両本体価格は390万7440円~640万1160円(税込)だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る