リアルハプティクスを利用し、薄鋼板製造工程での付着物拭き取り作業を自動化 モーションリブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーションリブは2021年5月20日、薄鋼板製造工程でのロール表面の付着物を拭き取る作業の自動化装置を慶應義塾大学などと共同で開発し、作業の遠隔化/自動化に成功したと発表した。慶應義塾大学が開発した力触覚伝送技術のリアルハプティクスを用いて自動化しているという。

薄鋼板製造工程では、金属粉や埃などの異物が鋼板を搬送するロール表面に付着すると、鋼板表面に凹みなどの欠陥を発生させる要因となる。さらに一度付着すると、欠陥がロールの円周間隔で連続的に発生しまい製品歩留りの低下を招いている。

薄鋼板の製造工程図

その防止策として、作業者が稼働中の回転するロール表面に砥石や研磨紙、布などを備えた治具である手入材を押し付けて付着物を除去していたが、危険性や作業効率の面から自動化が求められている。しかし、ロールの据付状態や付着物に応じて手入材の角度や押し当てる強さ(力加減)を柔軟に変化させる必要があり、自動化は難しいとされてきた。

今回の共同開発は、モーションリブ、慶應義塾大学新川崎先端研究教育連携スクエア ハプティクス研究センター、東洋鋼鈑によるもの。まずロール表面の付着物の拭き取り除去作業をリアルハプティクスを用いて遠隔化。作業者の動作から作業に適した手作業独特の力加減を数値データとして抽出し、そのデータを参照することで付着物を作業者と同様の加減で除去する自動装置を開発した。

この装置は、既に1年以上の連続運用実績があり、人間による作業と同等の効果があることが立証された。しかも高い耐久性と制御システムの堅牢性も兼ね備えている。今後はこの開発技術をさらに発展させ、これまで人の感覚や経験で判断してきた手作業を遠隔化/自動化し、安全かつより効率的な製造技術の確立を目指していく考えだ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る