小型でさまざまな車両に搭載できる後輪用ステアリング機能付ハブベアリングを開発――後輪の角度を左右独立して制御 NTN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2021年5月26日、後輪用ステアリング機能付ハブベアリング「Ra-sHUB(ラスハブ)」を開発したと発表した。前輪用ハブベアリングに転舵角度を調整する機構を組み合わせたステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を後輪用に改良している。

現在、市場にある後輪転舵システムは、適用することで、ホイールベースが長い大型車両でも最小回転半径を小さくし、走行安定性を高めて安全に走行できる。しかし、これらの既存の後輪操舵システムは、大型で、適用が高級車に採用されるマルチリンク方式など一部の懸架装置のみに限定されているほか、構造上大きな転舵角をとることが困難だった。

今回開発したRa-sHUBは、小型で、後輪の懸架装置の種類を選ばず、これまでのハブベアリングと同様にさまざまな車両に搭載できる。トーションビームなどのリンク機構が無い懸架装置での後輪転舵には、大掛かりな車両の設計変更が必要だったが、Ra-sHUBは比較的容易に搭載できるため、あらゆる懸架装置の車両で後輪転舵することができるという。

Ra-sHUBの改良元になったsHUBは、2018年に開発発表したステアリング補助機能付ハブベアリングで、左右各輪の転舵角度が個別に補正できる。今回、この技術を応用し、大きな転舵角度を持ち、あらゆる懸架装置に対応できる後輪転舵システムとして開発した。

Ra-sHUBは、後輪の角度の左右独立した制御、あらゆる懸架装置への搭載、コンパクトな構造、高剛性、高応答性、大きな転舵角(±10度)という特徴を持つ。これらを生かし、車両の情報をもとにタイヤの転舵角度を左右別々に制御し、車両のコーナリング性能や高速直進時の安定性を向上するという。また、タイヤの走行抵抗を抑え、燃費を改善する。

同社は今後、危険回避時の安全な走行や、通常走行時の乗り心地の改善に寄与する商品として、Ra-sHUBの各自動車メーカーへの提案を進め、自動車の安全性や運転の楽しさの向上に貢献する。

車両搭載イメージ

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る