製造現場をIoTで「見える化」するGenba Visionを提供 松田電機工業所

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車部品製造を手掛ける松田電機工業所は2021年5月27日、製造現場の生産状況や設備停止といったトラブルのデータを自動的に記録し、分析を行う現場改善IoTツール「Genba Vision」の提供を開始したと発表した。後付けの外部センサーで情報を収集し、記録データを自動的に数字化、グラフ化するシステムで、効率的に作業の効率化や改善を図れる。

Genba Visionは、光電センサーや光フォトセンサーを使って設備の動作やランプの点灯状況を監視し、設備の稼働状況やトラブルの発生などのデータを収集する。データは自動的にパソコンに蓄積され、数字やグラフによって「見える化」される。

GenbaVision

GenbaVision本体とセンサー

設備の不具合や停止をセンサーが確認すると、タッチパネル式モニターが自動で停止理由を入力する画面に切り替わる。パネルに表示された選択肢を選ぶだけでデータとして記録されるので誰でも操作できる。

ツールの設置は外部センサーを後付けするだけで、設備の種類や年式、メーカーを問わず対応する。有線接続となっており、接続トラブルでデータの取得が途切れる心配もない。

Genba Visionで数字化、グラフ化されたデータは資料にコピー&ペーストできるので、報告や改善の検討のための資料を作成する際の手間が省けるうえ、事務作業の効率化や迅速な改善も可能になる。実際、同社の自社運用では、設備停止の50%を占めていた要因をグラフから特定し改善することで、その要因による設備停止を63.3%減少させることができた。

同社は、ツールの導入によって、ボトムアップで自発的に改善が行われるような活気ある現場を目指せるとしている。

GenbaVision

GenbaVisionを使った改善効果

関連リンク

プレスリリース
Genba Vision公式サイト

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る