ライトセーバーを空間に描画するホログラムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ブリガム・ヤング大学の研究チームは、「空間」に映像を描画するホログラムを開発した。ホログラムという装置は、ペッパーズ・ゴーストをベースとしたスクリーンに3D映像を投影する擬似的なものがほとんどだ。

研究チームは成果を応用して、映画『スター・ウォーズ』のライトセーバーを発光ビームで作成。さらに、SFドラマ『スタートレック』の宇宙船エンタープライズとクティンガ級巡洋戦艦の光子魚雷戦も再現してみせた。

研究はオプティカル・トラップ・ディスプレイ(optical trap displays)という技術を使っている。レーザービームで空中の粒子を動かし、レーザーが照射する軌跡を残すことで、空中に映像を浮かび上がらせる。いわば「光の3Dプリンタ」だ。

スクリーンが必要ないことから、物体の周りを回ったり、その上を動いたりする生き生きとしたアニメーションを作成することができる。

研究チームは、この原理を説明するため、空中を歩くバーチャル棒人間を作成。ボリュームディスプレイ上で、棒人間が指の上を歩いたり、指から飛び降りたりする様子を撮影し、バーチャル映像と人間のふれあいを実演してみせた。

研究成果は『Scientific Reports』に4月6日付けで掲載されている。

関連リンク

Simulating virtual images in optical trap displays

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る