ドイツで初の3Dプリント製住居が完成間近

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州北東部ベックム市で建設が進められていた、ドイツ初の3Dプリント住宅が完成間近と伝えられている。

2階建ての戸建て住宅で総床面積は160平方メートル。断熱材入りの3層構造の壁を持ち、水道や電気の配管を後で施設できるように、予め考慮に入れた設計がなされている。

建築には、デンマークのCOBOD製建築用3Dプリンター「BOD2」が使われている。BOD2は、積層ピッチ40mm、積層幅300mm、造形速度1m/秒の3Dプリンターで、ドイツのセメント会社HeidelbergCementがこのプリンター用に開発したコンクリート「i.tech 3D」を毎時3.6m3で流し込みながら造形する。

BOD2はプリント領域内で他の作業が行われている間もプリントが行えるように動作し、構造体のプリントと並行して水道や電気の接続などの作業を完了させることができる。

2020年9月にスタートし、100時間に及ぶ3Dプリントと10カ月の工事期間の後、3Dプリント住宅は完成に近づき、8月から中に入れるようになると伝えられている。当初計画では、完成後1年半は一般公開され、その後、実際の入居が可能になるとされている。

関連リンク

PERI builds the first 3D-printed residential building in Germany

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る