中国、時速600キロの新型列車を一般公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xinhua/Li Ziheng

中国で鉄道車両製造を手掛ける国有企業「中国中車(CRRC)」は、2021年7月20日、新型の磁気浮上式(Maglev: Magnetic levitation)列車を一般公開した。5両編成の新型列車は最高時速600キロに達するよう設計されており、完成すれば北京-上海間を3時間半で結ぶことになる。

新型列車の開発は2016年10月に開始され、プロトタイプは2019年にメディアに公開された。磁気浮上式列車は車輪の摩擦がないので騒音が小さく、また、最小旋回半径は地下鉄の半分で、ルート決定に際し建物をより適切に迂回できるとしている。新華社通信によれば、中国は2020年末までに3万7900kmの高速鉄道を運行しており、これは世界最長だという。

中国中車は、この列車は中国が独自に開発したものであり、鉄道輸送の分野における中国の最新の科学技術の成果を示すものだとしている。中国中車は、新型磁気浮上式列車の2021年の生産開始を目指していると伝えられている。

関連リンク

World’s first 600 km/h high-speed maglev train rolls off assembly line

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る