16ビット高分解能のデジタル圧力センサを販売開始——低ノイズで2kHzの高速サンプリングが可能 フジクラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フジクラは2021年8月30日、16ビット高分解能のデジタル圧力センサ「AG6」シリーズの販売を開始したと発表した。

同シリーズは、圧力センサチップや圧力信号処理ICの性能を引き出す同社独自のMEMS組立構造を用いたほか、内部信号処理の設定を最適化したことで、16ビット高分解能を有しながらノイズを低減した。

2kHzの高速サンプリングが可能となっており、高速での信号処理が求められる産業機器用途などにも対応する。パッケージサイズは7×7mm(端子除く)。I2C-Busインターフェースによるデジタル出力にも対応しており、マイクロコンピュータと容易に接続できる。

同社は以前よりアナログ圧力センサを提供していたものの、血圧計などの医療機器で圧力センサを用いる場合、用途によっては高分解能なデジタル信号が必要とされるため、高分解能のアナログ-デジタル変換器を組み合わせて用いる必要があった。AG6シリーズは、そのような医療機器をはじめとした用途での需要が見込まれる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る