50%以上も小型/軽量化したEMC対策の薄膜コモンモードフィルタを量産開始 TDK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDKは2021年8月31日、モバイル機器用に小型/軽量化した薄膜コモンモードフィルタ「TCM0403Mシリーズ」(0.45×0.3×0.23mm)を開発し、2021年8月より量産開始すると発表した。TCM0403Mシリーズは、コモンモード減衰特性が高く、外部からの侵入ノイズを低減して無線信号の受信感度を向上するEMC対策製品。サンプル価格は30円/個。

スマートフォンをはじめとしたモバイル端末やウェアラブル機器などにおいては、無線の多機能化が進んでいる。機器内部から発生するノイズが無線信号を劣化させており、信号の受信感度の低下や外来ノイズによる機器の誤動作を未然に防止するEMC対策製品の重要性が高まっている。

TCM0403Mシリーズは、既存製品のTCM0605シリーズ(0.65×0.5mm)と比較して面積比58%と小型化。これまで部品の搭載が困難だった極小スペースにも搭載できる。さらに重量比に関しても、56%軽量化した。

また、小型サイズながら同社独自のファインパターン技術の向上や、設計の最適化によって、既存製品と同等の高いコモンモード減衰特性を実現。高速信号伝送に対応できるディファレンシャル伝送特性を有する。さらに良好なモード変換特性があるなど、その他の諸特性もユーザーニーズに配慮した設計となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る