自動運転モビリティ用の車載HDRカメラ量産開始 ティアフォー

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ティアフォーは2022年9月9日、車載規格に準拠した自動運転モビリティ用のHDRカメラ「C1」の量産を10月から開始すると発表した。アイサンテクノロジーなど代理店5社で販売する。

車載用カメラは、現在の運転支援機能やレベル2相当の自動運転機能において重要な役割を担っているが、今後レベル3やレベル4相当の自動運転機能を開発するうえで不可欠な存在となっている。

同社はこれまでの自動運転機能の開発や実証実験で得た成果や、先進的なソフトウェア設計のノウハウをもとに、自動運転機能に最適なパフォーマンスを発揮する車載カメラの開発を進めてきた。

今回量産販売されるカメラ「C1」は、1年以上にわたって、さまざまな自動運転車両への搭載試験を行い、物体検知や周囲認識で特に優れた性能を発揮することが確認されている。すでに自動運転車両の標準カメラとしても採用されているが、自動車用だけでなく、自律移動ロボットや警備、監視システムなどの用途についても問い合わせがあることから、カメラの量産、販売に踏み切った。

カメラは物体認識用標準レンズと遠隔監視用広角レンズがあり、いずれも大きさは38.5×38.5mm。イメージセンサーは120dbのHDRで解像度は2.5MP。自動運転OSのAutowareやLinuxカーネルドライバーなどに対応している。

同社では今後、一般のWebカメラと同様、USB接続で利用できるようGMSL2-USB3変換キットの製品化も進める。また、Sony製IMX490 CMOSセンサーを採用した5.4メガピクセルの高解像度機種「C2」も新たにラインアップに追加する。

関連リンク

プレスリリース
製品ページ

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る