ポータブルな自律型無人潜水機を使い、海底データを効率的に最小限のリスクで収集

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Bedrockは、海底データの取得にポータブルな自律型無人潜水機(AUV)を用いている。より速く効率的で、安価にデータ収集が実現するという。さらには、環境への影響、絶滅危惧種に指定されている動物の捕獲、インフラストラクチャ損傷のリスクを最小限に抑えての海洋マッピングが可能だ。

AUVは、洋上風力プロジェクト、潮力発電、炭素隔離貯留、ケーブル敷設、および水素製造施設向け調査に最適化されている。温度/深度計、水深測定するマルチビームソナー、海底の画像を取得するサイドスキャンソナー、磁気異常分布図を出力する磁力計、地層探査のためのサブボトムプロファイラを備え、海底データの詳細なマッピングと解釈を可能にする。

小型かつ強力でないソナーを使用し、航行する速度は3ノット(時速約5.6km)までとなっていて、海洋生物や環境への影響を最小限に抑えている。

関連リンク

Bedrock-A new era of ocean mapping services.

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る