業界最高級のEFTイミュニティを備えたRS-485/422トランシーバ「RAA78815x」を発売 ルネサス

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルネサスエレクトロニクスは2021年10月14日、通信規格RS-485およびRS-422に対応した産業アプリケーション向けの5V動作トランシーバ「RAA78815x」ファミリ6製品を発売し、量産を開始したと発表した。業界最高級の±5000Vの電気的ファストトランジェント(EFT)イミュニティと最大±1万6000Vの静電気放電(ESD)イミュニティを実現。産業用ネットワークやビルディングオートメーション、セキュリティカメラネットワークなどさまざまなアプリケーションに活用できる。

RAA78815xファミリは、従来の5V動作RS-485トランシーバ「ISL315x」ファミリをベースに開発した製品で、RS-485で要求される54Ωの負荷に対して3.1Vという優れた差動出力電圧を実現した。バスのリーク電流は最大125μAで、RS-485バスの8分の1のユニットロードに相当する。

EFTイミュニティは、デバイスの頻繁なオン/オフやシステムの接続/切断が繰り返される環境にとって不可欠であり、業界最高級のEFTイミュニティを特長とするRAA78815xファミリはEFTやESDに伴う通信問題の発生を抑制するため、ダウンタイムによるコストを削減できる。

また、超低電流での高出力を実現したことから、リピータを用いずに、トランシーバを同一バス上に最大512台接続できるようになった。これによって、1つのネットワークでサポートできるノードが増え、実装コストを抑えることも可能になる。パッケージもMSOPは3×5mm、SOICは6×8.6mmと超小型になっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る