BTOタイプのモジュールカメラ「moduca」シリーズを発売――1500通りを超える組み合わせ i-PRO

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i-PROは2023年1月20日、さまざまな製品や設備へ組み込み可能なBuild to order(BTO)タイプのモジュール型カメラ「moduca」シリーズを発売したと発表した。

同シリーズは、撮像部の形状や画角、焦点距離、通信方式などを利用用途に応じて選択できるBTO方式のカメラだ。

モジュールカメラは、映像を取り込む光学モジュール、取り込んだ映像を処理するSoCモジュール、処理した映像/情報を出力するインターフェースモジュールで構成されている。1500通り以上の組み合わせが可能で、名刺よりも小型のサイズにモジュール化したことで多くの機器やシステムなどに組み込むことができる。

オープンプラットフォームで開発した機能拡張ソフトウェアを搭載することで、柔軟にニーズに対応できる。また、手早く利用したいユーザー向けに、「AIスターターキット」や「レンズトライアルキット」も発売中だ。

カメラは1台からでも注文することが可能で、10台未満の場合は3営業日以内に出荷する。

関連情報

i-PRO、多様な現場ニーズに映像活用という解決策を提供する、BTOを実現したモジュールカメラ「moduca」シリーズを発売 ~目的に合わせて組み合わせ自在、あなただけの1台に~ | i-PRO Newsroom

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る