往年の名車「ルノー4」、空飛ぶ車となってよみがえる

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏ルノーは2021年11月26日、名車「ルノー4(キャトル)」の誕生60周年を記念して、空飛ぶ車のコンセプトモデル「AIR4」を発表した。ルノー4と同じボディラインを保持しつつ、車輪の代わりに2ブレードプロペラを各コーナーから突き出したフレームに1つずつ、合計4つ配置したeVTOLだ。

1961年に発売されたルノー4は、世界中に広まって愛される「ブルージーンズのようなクルマ」というコンセプト通り、若者やファミリー、社用車や郵便車両など幅広い場面で使われた。1992年までの30年間に100か国以上で800万台以上を売り上げ、ルノーを代表する車となった。

今回、ルノーはデザイン会社TheArsenaleと協力して、ルノー4が我々の頭上の道なき道、標識のない高速道路を走るように再設計し、AIR4を作り出した。地上の交通状況が悪化する中、上空には妨げるものがない。AIR4は、独立と自由の象徴だと称している。

ボディはカーボンファイバー製。乗り込む時はドアではなく、フロント部分にヒンジの付いたシェルを後方から持ち上げて座席にアクセスするという。

水平方向の最高速度は26m/s、飛行中の傾斜角は45度、最大傾斜角は70度。離陸速度は14m/sが可能だが、安全上の理由から4m/sに抑えるという。着陸速度は3m/sとする。総出力約9万mAhのリチウムポリマー電池を搭載し、最大推力ベクトルは380kgとする。

2021年内はフランス、ルノーのショールームで歴代のルノー4と並んでAIR4が展示されている。2022年初頭からは、マイアミ、ニューヨーク、マカオで順次公開される予定だ。

関連リンク

renault and thearsenale unveil air4: where we are going, we don’t need roads
WHERE THEARSENALE AND RENAULT ARE GOING, THEY DON’T NEED ROADS.

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る