A/Dコンバーター搭載の16ビットマイコンを開発――デジタルマルチメーターの性能や機能を向上 セイコーエプソン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セイコーエプソンは2022年2月8日、A/Dコンバーターを搭載した16ビットマイコン「S1C17M02」および「S1C17M03」を開発し、サンプル出荷を開始したと発表した。S1C17M02のサンプル価格は800円(税別)となっている。

両製品は、デジタルマルチメーター向けの機能を内蔵した計測用マイコンだ。16ビットΔΣ型A/Dコンバーターに加えて、電圧や電流、抵抗、導通、容量、周波数、ダイオードの測定モードを切り替える専用回路を搭載した。FA(ファクトリーオートメーション)化の進展に伴う計測機器の性能や機能の向上に対応する。

プログラマブルなオーバーサンプリング設定が可能なほか、平方根演算回路を内蔵しており、真の実効値を求められる。また、測定結果の最大値や最小値の保持に対応すべく、ピークホールド機能も搭載した。その他、2乗平均と絶対値平均を選択できる平均化回路や、IC内部の温度を測定できる温度センサーを内蔵している。

周辺回路としては、電源回路を内蔵した液晶ドライバを備えた。フラッシュメモリの容量はS1C17M02が32Kバイト、S1C17M03が64Kバイト。256バイトのEEPROMも搭載しており、校正データや測定データを保存できる。電源電圧検出回路やUPMUX(ユニバーサル・ポート・マルチプレクサ)、自動ブザー出力機能なども備えた。

電源電圧は2.1~3.6V(アナログ回路動作時2.2~3.6V)。消費電流(標準値)はSleepモードが0.24μA、Haltモードが1.8μA(32kHz内蔵発振)、RUNモードが6.0μA(32kHz内蔵発振)、129μA/MHzとなっている。

パッケージはS1C17M02が1010サイズのP-LQFP064を、S1C17M03が1414サイズのP-LQFP100をそれぞれ採用した。端子ピッチはともに0.5mmとなっている。それぞれ10万個/月の生産を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る