米Raytheon、誘導砲弾「Excalibur」で射程距離新記録を達成

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Raytheon Technologies/YouTube

アメリカ防衛産業大手Raytheon Technologiesの事業部門のひとつRaytheon Missiles and Defenseが、155mm自走榴弾砲「CAESAR」から発射された誘導砲弾「Excalibur」により、弾頭発射距離の記録を更新したと発表した。

Excaliburは、GPSを使った誘導砲弾。風の影響など初弾を命中させるのが困難な通常砲弾と異なり、発射後に展開する安定翼がついており、ロックオンされた目標へ向け、GPS誘導によりミサイル並みの精密射撃が可能だ。各国軍隊で主力火砲として導入されている155mm砲からの発射が可能で、多機能信管により爆発タイミングが設定でき、さまざまな用途に対応できる。

今回のデモンストレーションに使われたCAESARは、フランスのNexter Systemsが開発した52口径155mm自走榴弾砲だ。28マイル(約46km)以上離れた目標にExcaliburを発射し、異なる2つの目標に命中、誤差半径は2メートル未満だったという。

同社によれば、Excaliburは、M777やM198、SIAC などの155mm榴弾砲、M109やArcher、PzH2000などの155mm自走榴弾砲に、搭載オプションとして選択可能だとしている。

関連リンク

Raytheon Missiles & Defense’s Excalibur artillery projectile fired at record range from CAESAR howitzer

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る