業界初となる変形対策を提案する機能を搭載した樹脂成形シミュレーションソフトを販売 東レエンジニアリング

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東レエンジニアリングDソリューションズ(TDS)は2022年3月23日、変形を抑制する設計を提案する樹脂成形シミュレーションソフト「PD Advisor(ピーディー アドバイザー) 3.0」の販売を4月より開始すると発表した。これまでも成形時に発生する変形を予測するシステムはあったが、予測を踏まえ、変形対策を提案する機能は業界初となる。

PD Advisor 3.0は、設計段階で樹脂部材の成形時に発生する反りなどの変形をシミュレーションするソフト「PD Advisor」に、変形を抑制する設計を提案する機能を付与した新タイプとなる。業界初となる成形時の変形を抑える形状の提案や、設計条件に起因する成形時の変形予測ができる。

樹脂の冷却条件に生じるわずかな差が成形物の寸法や形体に影響を及ぼす樹脂成形は、成型品の形状を予測し、コントロールすることが難しい。さらに、自動車や電気機器などに使用される複雑な形状でありながら、寸法や形体の安定性が高い水準で求められる部材成形は、多様な条件を織り込んだ精緻な予測が求められる。

今回、同社の変形要因を高感度に出力する解析技術と、そのデータから変形を抑制する厚みを導き出す設計技術を組み合わせ、変形を回避する設計の提案機能を開発。PD Advisorに変形を回避する設計の提案機能を搭載した。実際の成形条件の調整や、高度なノウハウ、経験が求められてきた設計工程を効率的に進められるため、開発期間を短縮する。

PD Advisor 3.0は、解析データや理論式から導出した「モデル」を使用し、シミュレーションしながら短期間で開発する手法のモデルベースデザイン(MBD)にも対応する1DCAEツールとして使用できる。同社は今後、PD Advisor 3.0を自動車や電子機器用途の樹脂部材メーカー向けに提案していく。販売目標は、2022年度に30本(ライセンス)、2025年度に50本(ライセンス)である。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る