チタンスクラップを50%以上添加した、純チタンで世界初となる環境配慮型素材を開発 日本製鉄

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本製鉄は2022年6月30日、世界初となる純チタンの環境配慮型素材「TranTixxii -Eco(トランティクシーエコ)」を開発し、アウトドアメーカーであるスノーピークへの供給を6月より開始したと発表した。

耐食性に優れ、長期使用に耐えるチタンは、カーボンニュートラルに貢献する金属材料だが、製造過程の中でも特にチタン鉱石からチタン単体を取り出す過程で多くの電力を使用し、CO2が排出される。TranTixxii -Ecoは、チタンインゴットの原料としてチタンスクラップを50%以上添加し、省CO2化、省資源化している。

チタン(TranTixxii -Eco)インゴット

チタン(TranTixxii -Eco)コイル

チタン素材の中で最も加工性の良い純チタンは、極めて高純度に造り込みをしなければならないため、チタンスクラップを使用する際に、非常に厳格な品質管理や前処理によって、異材や異物が混入しないようにする必要がある。この課題に対し、日鉄直江津チタンの新型電子ビーム式溶解炉(EB炉)を活用することで課題を解決。東日本製鉄所直江津地区にて製造する。

EB炉では、溶解プロセスでのスクラップ配置と電子ビーム照射パターンの最適な組み合わせにより、スクラップ多配合でも、インゴット成分を均質化し、高品質な造り込みをしている。

チタンインゴットの原料は通常、主としてバージン原料であるスポンジチタンを使用するが、TranTixxii -Ecoは原料の50%以上をスクラップリサイクルに置き換えているため、製錬工程のCO2発生量を50%以上削減できる。

供給先のスノーピークは永年、日本製鉄の意匠性チタン「TranTixxii」を使用。今回、同社のTranTixxii -Ecoのコンセプトにスノーピークが共感し、商品開発の段階から協議を重ね、商品化に至った。

現時点では、原料となるスクラップの調達や製造能力に課題はあるが、今後、年間300トンの製造と供給に向けた体制を構築していく。当面は優先して、TranTixxii -Ecoを活用した環境配慮型の商品開発にスノーピークと共に取り組んでいく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る