パルス機能を搭載したフルデジタル溶接機のフラッグシップモデルを発売 パナソニック コネクト

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック コネクトは2022年4月5日、フルデジタル溶接機のフラッグシップモデルとして、パルス機能を搭載したフルデジタルCO2/MAG/MIG/溶接機「YD-400NE1」を2022年4月27日より発売すると発表した。オープン価格。

YD-400NE1は、高精度波形制御技術を進化させるとともに、操作の分かりやすさ、使いやすさを追求したフルデジタル溶接機のフラッグシップモデルとなる。新世代型溶接機Nシリーズは、YD-400NE1から始まり、新しいフルデジタル溶接機シリーズとしてラインアップを展開していく。

新世代型溶接機Nシリーズの開発コンセプトは、「Comfortable(使いやすく)」「Capable(溶接性能の向上)」「Connectable(つながる)」の3つ。これまでのフルデジタル溶接機からフルモデルチェンジする。

YD-400NE1は、課題の解決や溶接条件決定をサポートするユニバーサルデザインを採用。現行のVシリーズに搭載している「溶接ナビ」「板厚指令」「出力管理」に加え、新機能「溶接コンシェルジュ」を搭載しており、液晶表示に従って現場の作業状況や作業者の課題を入力していくことで課題解決につなげる。経験や専門知識が必要で複雑な溶接パラメータ調整もわかりやすくサポートする。

前面操作パネルには、溶接機の操作や条件設定の操作性を向上するタッチパネル式カラー液晶モニターを搭載。直感的に操作できることに加え、カラー液晶モニターで情報をわかりやすく表示するため、格段に視認性が向上している。溶接作業の推奨条件を自動選択する「溶接ナビ」は、絵で溶接継手などの情報を表示。作業者は、実際の作業をイメージしながら簡単に設定できる。

また、さらなるスパッタ低減や溶接の安定性を向上している。CO2溶接では、同社独自の溶滴移行を安定化させるスパッタ低減制御技術「MTS-CO2溶接法」を改良。溶融池の振動を抑制し、さらなる低スパッタとするとともに、溶接の安定性を向上している。MAG溶接では、セカンダリスイッチングと「SP-MAG溶接法」により、スパッタ発生をさらに抑制。溶接速度アップに追従する。

パルス溶接では、多数のパラメータを溶接材質に合わせて自在に制御しながら、高精度でパルス周期を安定化。スパッタの発生量を低減し、ウィービングや突出した長さの変化にも素早くアークを安定させる。低電流域から高電流域まで幅広く高品位溶接ができ、特にアルミ溶接は、ビード外観を美しくしたい、スタート時の溶込み量を増やしたいといった要望に高い性能を発揮する。

2022年7月以降には、溶接施工の前後工程も含めた溶接関連情報のプラットフォーム「統合溶接管理システム iWNB for Welding Machines」への対応を予定。溶接機の情報を収集、蓄積、分析できるようになる。今後、溶接機、iWNB for Welding Machinesの機能拡張も予定しており、溶接現場を見える化していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る