高い動力性能と小型化を両立し、車両の電費を向上する電動駆動モジュールを開発 BluE Nexusら

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BluE Nexusは2022年4月13日、アイシン、デンソーと共同で、高い動力性能と小型化を両立した車両の電費向上に貢献する電動駆動モジュール「eAxle」を開発したと発表した。開発品は、リース販売を同年5月12日に開始するトヨタの新型BEV「bZ4X」に搭載される。

eAxleは、FWD車向けの150kW仕様(フロント)、4WD車向けの80kW仕様(フロント/リア)の3機種を開発。モーター、インバーター、トランスアクスルを全て一体化している。

デジタルシミュレーションなどこれまでに培ってきた技術から、eAxle内の最適な冷却、熱マネジメント技術を採用し、インバーターの積層両面技術進化により、出力密度を向上。長時間かつ高トルクで出力できる高い動力性能を発揮する。

また、モーターの最適磁気設計、コイルエンド短縮接合技術、eAxle向け低粘度オイル、新RC-IGBTなどの損失低減技術を採用。電費がトップクラスになっている。

さらに、Built-in構造によってインバーターをトランスアクスルに内蔵したことに加え、モーターの小型化、アウトプットシャフト採用による軸間短縮といった技術により、大幅にコンパクト化している。フロントは前後方向の長さ、リアは高さを低減し、車内空間や荷室空間を拡大している。

今回、アイシン、デンソーの知見に加え、BluE Nexusの各コンポーネントの最適化やモジュール化に関する知見、車両への適合力を生かし、BluE Nexusとして初のeAxleを開発。3社は今後も、小型、高効率、低コストな製品開発を進めていく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る