インバータ2機とPDUを統合、800Vシステム対応の次世代SiCインバータのプロトタイプ完成 GLM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GLMは2020年7月9日、SiCパワーモジュールを搭載した「800Vシステム対応次世代SiCインバータ」のプロトタイプが完成したと発表した。

800Vシステム対応次世代SiCインバータは、2020年2月にロームと共同開発を開始したインバータだ。2022年春の量産を目指し、モーターメーカーやバッテリーメーカーの協力のもとで開発を進めている。

同製品は、インバータ2機とPDU(Power Distribution Unit)を統合した3 in 1パッケージを採用。それにより、従来よりも小型化、軽量化、高出力化を実現した。また、800Vシステムに対応することで、EV車両として車重の低減や大容量バッテリー充電時の充電時間の短縮に寄与する。

GLMは、今後、800Vシステム対応次世代SiCインバータを中核としたEVシステムにより、新車種の展開、EVシステムの供給を軸としたプラットフォーム事業のさらなる拡大を図るとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る