SSI出力を搭載した軍事、産業用アプリケーションに対応する小型位置センサーを発表 ビシェイ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ビシェイ・インターテクノロジーは2022年4月21日、軍事、産業用アプリケーションに求められる動作環境に対応する外径12.7mmの小型位置センサー「RAME012」を発表した。同サイズの競合製品より精度と分解能を向上しており、軍事、産業アプリケーションの過酷な動作環境に対応する高信頼性と耐久性を有する。

RAME012は、高度な非接触型技術を採用したビシェイMCB回転式アブソリュート磁気エンコーダーで、11ビット以上の精度、14ビットの分解能を提供する。有効電気角は360度、動作温度範囲は-40℃~+105℃。外部の磁場、大気汚染、振動、機械的衝撃、温度変化に対する耐久性を維持する。

SSI出力、プラグアンドプレイ動作に対応。較正が不要となっている。ボディデザイン、軸上デザイン、細い径、11g以下の軽量という特長から、スペースの制限がありながら精密な角度位置の検出が求められるアプリケーションに対応する。SSI出力信号を特長とするシングルターン版のほか、機械、電気インタフェースに向けた提供もできる。

RAME012は現在、サンプルと製品を提供でき、量産時の標準納期は20週間となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る