目を閉じても見える――網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Invisible Computing(人目につかないコンピューティング)を追求する米Mojo Visionは2022年3月30日、超小型ディスプレイやアイトラッキングを搭載した最新のスマートコンタクトレンズ「Mojo Lens」のプロトタイプを発表した。スポーツやフィットネスで利用できる、究極のハンズフリーコントローラーだ。

Mojo Lensは、低遅延で高精細のARコンテンツを網膜に投影できる、コンタクトレンズ型のウェアラブルデバイスだ。明るいテキスト、豊富なグラフィックス、高解像の動画が、屋内外問わず、ましてや目を閉じた状態でも「見る」ことができる。

Mojo Lensの心臓ともいえるディスプレイには、直径0.5mm以下のマイクロLEDディスプレイを搭載。画素密度は1インチ当たり1万4000ピクセルに相当する。5GHz帯を使った独自の低遅延通信プロトコルを採用し、プロセッサにはArm Cortex-M0を使用した。また、内蔵の加速度計、ジャイロスコープ、磁力計による連続的な視線追跡が可能で、モーションセンシングアルゴリズムと組み合わせて、ARコンテンツを視線で操作するという、独自のハンズフリーコントロールを提供する。

電力系には医療グレードのマイクロバッテリー、パワーマネジメント回路、ワイヤレス充電システムを搭載する。既に墺Adidas Runningなどと、スポーツやフィットネス分野での共同開発を進めている。最終製品は終日装着を想定し、FDAの臨床試験に備え、信頼性と安全性のテストを予定している。

関連リンク

We Have Reached A Significant Development Milestone with Mojo Lens

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る