マイクロ波による炭素繊維製造工程の省エネルギー化技術を共同開発 三井化学とマイクロ波化学

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井化学は2022年5月9日、マイクロ波化学と共同で、マイクロ波を活用して炭素繊維(CF)製造時のエネルギー消費を半減させる基盤技術を確立したと発表した。

同技術は、CF製造工程中で最もエネルギー消費の大きい耐炎化および炭化の各製造プロセスを、一貫してマイクロ波によって焼成するものだ。従来の方法よりエネルギー消費量を50%削減。同時に処理時間も大幅に短縮する。また、製造装置の小型化も可能だ。

再生可能エネルギーを使用して同技術を活用することで、CF製造において大幅なCO2削減が期待できるという。今後両社では、技術検証を進めるための実証実験導入の検討を行う予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る