ボールねじを使った工作機械の、状態安定化技術を開発 日本精工

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本精工は2022年11月2日、ボールねじを使った工作機械の送り系の状態を安定化させる技術「NSK Feed Drive Adjuster(NSKフィードドライブアジャスター)」を開発したと発表した。11月8日から13日まで東京ビッグサイトで開催される「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」に参考出展する。

マシニングセンタをはじめとするボールねじを使った工作機械は、稼働中に送り系の部品の温度が上昇してねじ軸がわずかに伸び、機械の異常や故障を引き起こすことがある。

通常はこうした異常や故障を防ぐために、ねじ軸を支持している機構の片側で軸方向の変位を逃すことで対応している。しかし、それでは支持剛性が低下し、軸方向の荷重を受けられなくなるため、加工の精度や品質に影響が出るという課題があった。

日本精工は今回、片側のサポート軸受部の適度な剛性と動特性を維持しながら、軸方向の変位に追従する独自の技術を開発。これによって、送り系の温度が過剰に上昇しても、剛性の変化を最小限に抑え、軸方向の荷重を支え続けられるようになる。

従来仕様

新機構仕様

この技術を工作機械に用いれば、加工の精度や品質、生産性の向上が期待できるほか、加工調整のための暖機運転や冷却などによるロスタイムや環境負荷も軽減できる。また、電力などのエネルギー供給がなくても使用できるため後付けも可能で、専門的な知識がなくても取り付けられる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る