1900PSの電動ハイパーカー、Pininfarina「Battista」が北米でデリバリー開始

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独Automobili Pininfarina は、全電動ハイパーカー「Battista hyper GT」の北米地域での納車の状況について、2022年10月4日のプレスリリースで発表した。最初に納車される車両は2台で、そのうち1台はイタリアのデザイン工房「Pininfarina」の90周年を記念するモデル「Battista Anniversario」だ。しかも、生産台数は5台という限定車だ。

EVの機能は、120kWhのバッテリーと各ホイールに内蔵される4台のモーターを持ち、1900PSの出力と2300N・mのトルクを発生する。走行性能はF1マシンを凌ぐレベルで、最高速度は時速350km、加速性能が時速0 – 100kmの到達時間が2.0秒以内だ。なお、一回の充電で476km走行できる。

運転席のスクリーンには、計器の情報やドライバーガイダンスを表示する。高度なインフォテインメントシステムを搭載し、オンライン接続を提供するために、世界各地の通信事業者と契約できるeSIMを装備する。インテリアの皮革は、サステナブルな素材や製法によるクロムフリーのレザーで仕上げている。

Battistaは製造過程も特別だ。イタリアの工房に在籍する10人の職人が、合計1250時間を超える14の工程で、手作業で組み上げる。限定車Battista Anniversarioの場合はさらに、手作業の塗装仕上げと特注デザインに対応するため、1340時間以上を費やすという。

同社のCEOであるPer Svantesson氏は、「Pininfarinaにとってアメリカは非常に特別な市場であり、150台のBattistaの大半は、アメリカの顧客のもとに届けられるだろう」と述べた。

関連リンク

Automobili Pininfarina
Automobili Pininfarina Delivers First Battista Cars to U.S. Clients and Further Strengthens Presence in North America

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る