9つの測定機能を集約したスペクトラムアナライザを発売 アンリツ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンリツは2022年12月9日、干渉波のチェックや5G/LTE基地局の建設、保守業務をサポートするコンパクトなスペクトラムアナライザMS2080Aの販売を開始したと発表した。9つの測定機能がありながら持ち運びも可能で、要求の厳しいフィールドでも時間とコストの削減に貢献する。

MS2080Aは9kHzから4GHz帯までカバーしており、全ての5G/LTE基地局の周波数帯に対応。45GHz/sでの高速掃引やAM/FMオーディオ復調などの高度な機能に加え、+/-1dBのレベル確度を含む最高クラスのRF性能も兼ね備えている。ケーブル・アンテナアナライザ機能やパワーメータ機能があり、5G/LTE解析などに対応する。

また、同じクラスの測定器では唯一、5ワットの連続RF信号入力に対する耐性があり、高出力送信機の信号を誤って入力した際も故障しにくい。

ディスプレイは解像度1280×800pの10インチ大型タッチパネルで、直感的な操作が可能。画面内の一部メニューを非表示状態にすれば、測定結果を最大表示できる。耐衝撃保護等級IK08仕様も満たしている。

小型筐体で重さ4kg未満のため持ち運びにも便利で、付属のソフトケースは環境保護等級IP52を取得しており、輸送中や雨天時でも機器を保護する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る